ファミリーインタベンションセンター

◆ファミリーインタベンションセンターのご案内 詳しくはこちら

ご相談・お問合せは下記へお願いいたします。
TEL 0120-111-351(ワンネスグループ依存症相談ダイアル)
E-mail info@fic-ag.org

【電話相談受付】
月〜金曜日10:00〜17:00
担当:インタベンショニスト(認定アディクションカウンセラー)
大田宏充

私たち、ファミリーインタベンションセンターは、日本で初めてとなる『インタベンション(介入)システム』を作りあげました。
このシステムは、ご家族への介入から依存症者本人への介入、そして本人を治療施設へと繋げるまでの一連のパッケージで、私たちが師事しトレーニングを受けている米国の認定アディクションカウンセラーであるCandy Finnigan(キャンディ フィニガン)氏にちなみ、「Finnigan Model(フィニガン モデル)」と名付けています。
Candy Finnigan氏の介入は全米でテレビ放映され、数百万人の視聴者が画面を通して、彼女の介入現場を目撃しています。私たちは、彼女が米国で実現した多くの依存症者本人とそのご家族のための実際的な手助け、そして家族再生の奇跡を日本でも実現可能にしました。

介入とは何か? 私たちは『ご家族の否認をとき、本人の‘底つき’のお手伝いをすること』だと考えています。
  ●依存症という病気を知らず、本人の意思の問題だと思っている。
  ●依存症という病気があると分かってはいるが、病気への正しい対処法を知らない。
   ・・・苦しみの中にいるご家族はこれらの場合がほとんどかと思われます。そのために、
  ●同じ事を繰り返してしまっているのに、違う結果を求めてしまう。
   ・・・このような事態に陥り、依存症の問題を長引かせる原因になってしまいます。

センターでは、まずご家族に対し正しい知識や正しい現状認識をお伝えし、その対策法をご提案いたします。 そしてご家族と一緒に、本人の‘底つきの底上げ’を行い、無事に治療施設へ繋がることになれば、付き添いなどのフォローアップをいたします。 もし、その場で施設へ繋がれなくても、家族プログラムをご提供させていただく事により、まずはご家族が平安の日々を取り戻すことに、力を注ぎます。 後に本人にとって新たな機会が訪れるまで、継続してセッションを行います。

ご家族の皆様が、コミュニケーションや笑顔を取り戻される姿を拝見することが、私たちの何よりもの喜びとなっております。
実際的なご相談にも応じて参りますので、介入や家族プログラムについてご興味をお持ちの方は、いつでもご連絡下さい。