Recovery Dynamics Program
リカバリー・ダイナミクス・プログラム

リカバリー・ダイナミクス・プログラム(以下、RD)とは、12ステップ(図参照)を使用する依存症当事者グループの原点となったAA(アルコール依存症本人のグループ)で使われている基本テキスト「Alcoholics Anonymous(通称:BigBook)」に記されているステップの手渡し方を、治療施設でのプログラムに翻案したものです。

大きな特徴として、「標準化されたプログラム」「それに用いる教材」「カウンセラー用マニュアル」などが完備され、基本計画に従って進めることにより、セレニティパークジャパンでは90日間で1から12までのステップを3巡することができます。

RDでは、ステップ1の実践がステップ2の実践を・・・ステップ2がステップ3を引き起こす・・・、いわゆる‘ドミノたおし’のような力動的なベクトルを持ち、次のステップの扉を開いてゆくと説明されています。また、前のステップと次のステップとの関連性についても明確な説明が与えられ、さらに各ステップが12のステップのなかで持つ意味と役割を分かりやすく示しています。

RDでは、「何をするかではなく、どういう順番で行うかが大切」と述べられ、ステップを順番通りに実践することの重要性が強調されています。クライアントは12ステップを細切れのステップ単位ではなく、一連のプログラムとして取り組みます。この連続性が、先述のドミノたおし効果を生み出し、一生続く回復成長のサイクルへと導く支えとなります。